So-net無料ブログ作成
検索選択

ウェルサンピア跡地計画発表

de880dc2532b126fe99ff2b6789331b1.jpg

ようやくウェルサンピア跡地の利用計画が、たねやさんから発表されたようです。

以下、新聞報道抜粋

昨年十月二十四日の落札以来、近江八幡市北之庄町の滋賀厚生年金休暇センター
「ウェルサンピア滋賀」の跡地利用について計画を示していなかったたねやグループ
(本社・愛荘町)は、十六日に市が市文化会館で開いた観光・物産モデル地区計画
住民説明会の終了後の時間を利用して、「北之庄たねやヴィレッジ計画」の概略を
はじめて明らかにした。

 地元住民や観光関係者ら約五十人が会場につめかけ、たねやの小西達也事業
推進部長が「計画はまだ検討段階」と前置きした上で、説明に入った。
 北之庄たねやヴィレッジは、コンセプトを▽美しい自然風景と調和した、やすらぎ
ぬくもりの村空間▽近江の自然・風土・歴史・文化を感じながら、ものづくり・お菓子
づくりの楽しさを体感する▽次世代に向けた複合施設とし、「製造・販売」「観光・集客」
学習」の三つの方向性を持つ拠点をめざす。

 敷地内を、「洋菓子ゾーン」(旧グラウンド・テニスコート)、「和菓子ゾーン」(旧本館・宿泊棟)、
「文化ゾーン」(旧プール・ゴルフ練習場)の三ゾーンに分け、見学可能な工場施設、
販売・飲食施設、学校・展示施設を整備する。
 二年後の平成二十三年夏に洋菓子ゾーンの第一期工事着工、その後三―五年計画で
残り部分の第二期工事を順に進めたい意向を示した。
 出席者からは、周辺道路の交通渋滞や安全対策、詳しい工事進行の事前通知、
詳しい資料の提供(この日は住民説明会の式次第のみ)などについて意見が出た。
 市都市計画課は、ものづくりを原点とする産業のまちや近江八幡の産業を支える
人材育成をめざす「モノづくりビレッジ構想」の「観光・物産振興のまちづくり」のための
新たな拠点としたい考えで、用途規制の緩和・周辺居住環境・自然環境や景観などの
課題を検討した上で、地区計画を安土町との合併までに策定する方針。


・・・という事です。

楽しみにしたいと思います。

 
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 2

八幡山ピー

景気低迷の中でたねやさん大丈夫?
by 八幡山ピー (2009-10-26 21:47) 

マイカルマニア

八幡山ピー さん

たねやさんには、景気低迷は関係ないんじゃないですか?(^-^)
どこのお店も、よく繁盛していますから。

もし、経営を圧迫するファクターがあるとすれば、
それは、砂糖の値上げなど、コストアップ要因でしょうかね。

でも、心配ないでしょう。
by マイカルマニア (2009-10-26 22:05) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。